スポンサーサイト

  • 2014.11.18 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    働かないモンテネグロ人

    • 2013.08.28 Wednesday
    • 23:21


    MONTENEGRO'S 10 COMMANDMENTS

    1 Man was born tired and he lives to rest
    2 Love your bed as you love yourself
    3 Rest during the day so during the night you can sleep
    4 Do not work; work kills
    5 If you see someone resting, help him
    6 Work less than you can, and what you can, give away to others
    7 In shade is salvation; nobody has died of rest
    8 Work brings illness; don't die young
    9 If by chance you wish to work, sit, wait; you will see, it will pass
    10 When you see others eating and drinking, move closer; if you see them working, move away; do not disturb them






    モンテネグロの十戒
    1、 ひとは疲れて生まれてくるので、休むために生きるのだ
    2、 自分自身を愛するようにベッドを愛しなさい
    3、 夜しっかりと眠れるように日中は休みなさい
    4、 働くな、労働は命取りになります
    5、 もし誰かが休んでいるのをみたら、助けなさい(一緒に休みなさい)
    6、 出来る限り働かないようにしなさい、そしてなるだけ他人に労働を譲りなさい
    7、 休みなさい、休むことで亡くなったひとはこれまでひとりとしていません
    8、 仕事が原因で病気になることがあります、若いうちに死んではなりません
    9、 万が一仕事がしたい!と思うときがあれば、まずは座って待ちなさいその願望はそのうちなくなるはずです
    10、 他人が飲み食いしていたら、寄り添ってあげなさい、他人が働いていたら離れなさい、彼らの邪魔をしてはなりません




    このようにモンテネグロでは(非公式ではありますが)、働くことへのデメリットが謳われており、モンテネグロ人は働かず怠けてばかりいます。
    冗談だと思うなら是非モンテネグロに来て確かめてみて下さい。
    キチキチと働いている人たちは決まって、セルビア人、ボスニア人などの外国人です。

    沢山の観光客がドイツやロシア、ヨーロッパの国々から押し寄せる夏のシーズン時、モンテネグロのシーサイドは大忙しです。
    沢山のレストランやカフェ、お土産屋さんやグリーンマーケット、まさに儲け時なのですが、
    モンテネグロ人はこんな時でも働かずに外国人の女の子たちのおしりを追っかけていたり、オールドタウンのショップのお姉ちゃんたちも隣のお店のお姉ちゃんのところに遊びに行ったきり店は放ったらかしでおしゃべりに花を咲かせています。
    おじさんたちも車で友人が通ると車を停めて渋滞をつくってまでおしゃべりを楽しんでいます。
    交通整理の警察官たちも本当に誘導かよ!というくらいにダラダラ動いています。
    わたしの通う歯医者さんは予約の電話をかけるとよく休暇中で「来週また電話ちょうだい」と言います。
    モンテネグロ北部に位置する第二の都市ニクシッチでは、働き盛りの男性たちが平日の昼間からゆっくりと珈琲を飲みながら友人と談話しているが目につきます。
    会話に耳を澄ましてみると、世界事情や政治について、経済についてだったりと、結構深い話をしているにも関わらず、仕事を持っていないようです。
    無職の人たちがわたしの周りにも沢山いるのですが、働こうと思えば口はあるはずなのに、動こうとせず、寧ろ無職ということにコンプレックスを持っているわけでもなく、お金がなくて悩んでいる様子もなく、「これでいいのだ〜」という雰囲気です。
    なので去年の春から無職のわたしも胸を張って(とまでは言えないけれど)堂堂と自由時間をもつことができる国です。

    働き過ぎで有名な日本人とはまさに対照的な生活を送るモンテネグロ人。
    「きみはほんとにだらしないな〜」なんて日本で言ったら結構な不快感を与えると思うのですがモンテネグロではむしろこの「ダラしなさ」を誇りに思っているかのようにみんな喜びます。



    しかし彼らなりの美学が実はそこにあって”ただひたすらだらける”というのではなく、
    生まれてきて自由時間もないまま仕事に束縛されあくせく働いてそれなりの給料を与えられるならば、その給料は半分でいい、その変わり自由時間、友人や家族と過ごす時間が倍になればなによりだ。

    たぶんモンテネグロ人の大多数はそういう考えをもっていると思います。

    スポンサーサイト

    • 2014.11.18 Tuesday
    • 23:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      selected entries

      recent comment

      profile

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM